家計見直し情報館|家計を見直し暮らしを豊かに!TOP > 副業 > 税金の注意点

税金の注意点について

 
スポンサード リンク


収入が発生するということは、日本国民の義務として税金を納める必要があります。本業の会社からも、アルバイト先の会社からも「給与支払報告書」が役所に提出されますので、本業の会社で副業をしていることがバレる可能性は十分にあります。従いまして、副業が禁止されている会社に勤めている場合は副業は諦めて下さい。

副業 税金なお、自営業であっても、仕入先などの資料から副業がバレる可能性は十分にあります。いずれにしましても、副業が禁止されている会社に勤めている場合は副業をしないようにして下さい。

専業主婦だった人がアルバイトを始めた場合、アルバイトで得た収入の額によっては、税金を支払う必要が出てきますので注意する必要があります。原則として、年間収入が130万円を超えると税金を支払う必要があります

ちなみに、副業とは言えませんが、親の扶養家族になっている学生などの場合は、アルバイトで得た収入の額によって下記のように細かな規定があります。

所得額による義務発生の違い

@アルバイトの所得が年間103万円以下の場合
・扶養家族から外れず、所得税を支払う必要もない。

Aアルバイトの所得が年間103〜130万円以下の場合
・扶養家族から外れるが、所得税を支払う必要はない。親の税金は増える。

Bアルバイトの所得が年間130万円より多い場合
・扶養家族から外れ、所得税を支払う必要があり親の税金も増える。
スポンサード リンク









 

副業記事一覧

副業による被害

副業を始めるにあたり、仕事をする前に金銭を支払わされ、仕事をまわしてもらえないという被害はよくあります。しかし、仕事を始めるため、本当にツールなどを購入する必要がある場合も...

副業禁止の仕事

本業で収入があっても、少しでも収入を増やすために副業を考える人は多いのですが、副業が禁止されている場合がありますので注意して下さい。一般企業の場合、以前は副業を禁止して...

税金の注意点

スポンサード リンク収入が発生するということは、日本国民の義務として税金を納める必要があります。本業の会社からも、アルバイト先の会社からも「給与支払...